0532-31-3934

ブログ

2018/07/29(日)

【腰椎すべり症】 お腹が張る人は要注意?

カテゴリー:子宮由来, 腰椎すべり症, 膀胱由来の腰痛, 豊橋、慢性腰痛専門、鍼灸整体院、腰椎すべり症、子宮、膀胱、筋膜、便秘、月経痛、

 

こんにちは、豊橋で慢性腰痛専門鍼灸整体院の鳥居です。

 

最近少し忙しくてブログを上げれずでした。

 

これからも無理せず上げていくのでよろしくお願いします。

 

今日は『腰椎すべり症』についてお話しします。

 

皆さんは腰椎すべり症ってご存知でしょうか?

 

腰の骨(腰椎)が何かしらの原因でお腹の方に滑った様に出てしまう現象です。

 

 

 

なぜ出てしまうのかというと、

 

様々な原因はありますが、今回は『内臓』由来のすべり症で進めていきたいと思います。

 

えっ、内臓がすべり症の、、、。

 

と思う方も多いかもしれませんが、

 

背骨からお腹の中には内臓がいっぱい詰まっています。

 

なので内臓が疲れて硬くなったりすれば、すべり症の原因になりやすいのです。

 

その中でも『子宮』、『膀胱』が関係する事が多いです。

 

なぜかというと、子宮や膀胱さらには直腸(大腸)は、

 

お腹の下あたりにある恥骨からお腹の中を通り、腰の骨(腰椎4、5番あたり)

 

に付く筋膜(懸垂装置)に吊るされているのです。

 

 

なのでお腹がよく張る方、

 

食べ過ぎ、飲み過ぎ、

 

女性であれば月経前とか。

 

便が出にくい、尿が出ない、月経痛がひどい方など、

 

いろいろな物がその臓器に溜まり吊っている筋膜を引っ張り、

 

一番負荷がかかる腰椎が少しずつズレていき、

 

最後の最後で何かの拍子で腰椎が前に滑ってしまいます。

 

その時神経を圧迫するため、

 

ギックリ腰のような痛みで立ち上がるのも困難になる程です。

 

背中側から背骨を触っていくとその部分だけ陥没しています。

 

この場合周りの筋肉由来ではないので、

 

滑る直前までは腰には痛みは無く違和感程度で、

 

症状が出た方はなぜなったのか原因がわからない事が多いです。

 

自分の判定としては少し腰を伸ばして座って、

 

腰の骨を上から一本一本触っていき、陥没しているところがないか確認してください。

 

もし、陥没していて最近お通じが悪かったり生理前などの方は要注意です。

 

自分でお腹をマッサージして陥没がなくなればいいのですが、

 

なかなか取りきれないと思います。

 

やわらぎ鍼灸整体院では解剖学的な内臓治療と

 

東洋医学的な見解からの治療も行います。

 

内臓の運動の活性化+皮下と内臓の脂肪も取り除いていくので、

 

痩身の効果もあります。

 

腰や腰骨の違和感、お腹の張り感でお悩みの方は、

 

やわらぎ鍼灸整体院にご相談ください。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

10月24日(土)まで
先着5名様限定割引 → 残り4名様

ご予約は今すぐお電話で

0532-31-3934

【受付時間】9時〜20時 (日曜・火曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時 までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。